サイズ感が大事!カーマットがブレーキペダルに触れないように

カーマットの素材比較

取り出して掃除しやすいゴム素材のカーマット

ゴム素材で出来たカーマットは、汚れがマットに染み込まないという利点があります。そのため、雨の日にどろどろの靴で乗ってもその後掃除をすれば簡単に汚れが取れます。ゴム素材ならマットが軽いので、マットを取り出して手入れするのにも便利です。

安くて老化しにくい塩化ビニールのカーマット

塩化ビニール素材は撥水加工により汚れがつきにくくなっていて、拭き掃除を行うだけで泥汚れも綺麗になります。また塩化ビニールのカーマットは安価で丈夫な点が特徴で、破れにくい分アクセルを噛むなどの事故にも繋がりにくいので安全です。

カーマットの人気デザインランキング

no.1

カーペット風で温かみを出す

カーマットは様々な生地やデザインがあり、中でも人気なのがカーペット生地です。灰色基調の車内でも、ベージュ系統の色合いでカーペット風なカーマットが敷かれていれば温かみが感じられ、家の中のようにリラックスしながら運転できます。

no.2

汚れを目立たせない配色

布系のカーマットはデザインが良いですが、水分で汚れると変色してしまうという難点があります。その難点を出来るだけ克服したマットが、黒基調のカーマットです。縁は車の外装と同じ色で、他は黒という配色のカーマットなら、かっこいいし汚れも目立たないので人気です。

no.3

どんな汚れも完全に隠しきる

メッシュ素材のカーマットを使用すると、車内に持ち込んだ汚れは全てマットの内側に回収して外に出ないようにキャッチし続けてくれるので、汚れが完全に見えません。手入れは、車外で向きを変えて振るだけで溜まった汚れが簡単に落ちるため、非常に楽です。

サイズ感が大事!カーマットがブレーキペダルに触れないように

車内

車のサイズに合わせて選ぶ

カーマットは商品によってサイズが異なり、自分の車にあったサイズを選ぶ事が必要です。大きすぎると、ペダルにマットが被って危険ですし、小さすぎると汚れをカバーしきれずマットの意味がありません。ぴったりなカーマットを買うために、元々ついていたカーマットの大きさを測っておいてそれに近いサイズを選びましょう。

重ねて敷ないようにする

重ねて敷いたカーマットは非常に危ないです。二枚目のマットはとても簡単に浮くので、アクセルペダルを踏み込んだ時に一枚目と二枚目の間にペダルが挟まることで操作が効かなくなるという事故や、カーマットが分厚いせいでブレーキを上手く踏み込めないこともあります。カーマットを別のものにしたいなら、備え付けのカーマットを必ず取り出してから装着しましょう。

ペダルプレートと干渉しないよう注意

またカーマットを一枚しか敷いていなくても、奥の部分の装着が不十分だったり劣化により破れてきたりすると、ペダルプレートを巻き込んだり可動域を狭めたりといった干渉が起きます。これも車の誤作動を引き起こす原因となり、非常に危険なので、装着をしっかり行うことと劣化したカーマットを取り替えることを徹底すべきです。

安全に配慮して選ぶことが大切

ペダルプレートの近くにあるカーマットは、些細なことでも事故に繋がる恐れがあるので安全を考えて装着しなければなりません。ぴったりと装着することを考えると、自動車メーカーが自社の車用に製作したカーマットを購入するのが一番安全です。またオリジナルのカーマットを買った場合も、装着に違和感があるなら切断し、ピッタリはまる大きさと形状にすることで安全性を高められます。

広告募集中